介護士就職・転職情報ナビ!全国介護施設データ

かいご畑



介護福祉士は介護の仕事の中ではプロの資格を持つ人材で国家資格保有者ということになります。

介護福祉士は、社会福祉士、介護福祉士の法律のもとに認定されている資格です。

具体的には体や精神的に障害があるという人のために、援助や介護をするというのが介護福祉士の仕事です。

介護福祉士の仕事のニーズは高く、これから高齢化社会がどんどん進むにつれて、介護福祉士の需要というのは今以上に増えると予想されています。

介護福祉の具体的な仕事としては、介護の一環として食事の介助や入浴介助、排泄や身の回りの世話、リハビリテーションなどが介護福祉士の仕事です。

老人福祉施設だけに限らず、最近は訪問看護ステーションなどもありますから、介護士として訪問してお年寄りのケアをするという仕事もあります。

介護福祉士になるためには、国家試験を受験しなければいけません。

誰でもなれるわけではなくて、実務経験を3年積んだ人や、高校を卒業してから福祉系の大学へ進んだ人でなければ取得ができません。

介護福祉士の資格が取得できる専門学校へかようことで国家試験を受験することなく介護福祉士の資格を取得することは可能です。

介護福祉士の資格は国家資格として、これからもまだまだニーズは増えていきます。

介護資格について説明します。


介護資格といっても色々な資格がいまはあります。

介護資格を簡単に紹介していきたいと思いますが、まず簡単な介護資格といえばホームヘルパー2級があります。

ホームヘルパー2級は訪問介護員として働きます。

そして介護保険事務の介護保険は介護報酬請求を行う仕事です。

他にも介護資格としては、心理カウンセラーとして要介護本人や家族の心理カウンセリングを行います。

少し難しい中級の介護資格としては、介護予防運動指導員という、介護を予防するために運動をアドバイスする指導員の資格があります。

そしてホームヘルパー1級もあります。

こちらは実務経験が1年以上で主任クラスで働くことができる資格です。

バリアフリーなどの介護を受けている人が住みやすい環境を考える、福住環境コーディネーターの資格も介護資格にあります。

そして上級の介護資格になると、介護福祉士の資格やケアマネージャーといった資格があります。

介護福祉士は介護のプロとして専門的な知識や技術尾を身につけて、介護を指導する仕事につきます。

ケアマネージャーは介護が必要な人のケアプランを考えるのが仕事で、介護資格の最上級資格といわれています。

このように介護資格と一言で言っても色々な資格がありますから、介護資格を何か取得したいと思っている人は、この中から選ぶことになります。